--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fishing Hi

2010年01月04日 21:40

あけまして、おめでとうございます。

初釣りは、元旦にサップさんと、離島へ行ってきました。

トータル19時間、キャストしっぱなし。

移動(徒歩)やら、飯やらで2時間差し引いたとしても

17時間!バカですね~。

全国釣りバカ選手権があったら、ベスト10に入る自信あり!

どんな審査基準やっ?て感じですが、

まずは夕マズ目のチャンスタイム。

サップさんはカルティバから、新しく発売されたメタルジグ、メバジグ。

ワタシは1.4gのジグヘッド単体。

良いと思われる立ち位置に入らせてもらいキャスト。

表層を引いてみるもアタリがない。

となりのサップさんは、いいサイズをガシガシ釣ってる。

「サップはメダパニをとなえた」

「カズは混乱した」

「カズの攻撃、穂先にラインがからまった。」

そんな感じで夕マズメのチャンスタイムは終了~

サップさんが連発すると、大焦りで自分の釣りができなくなります。

まあ数匹釣りましたが、サップさんが連発すると、いつもこんな感じ。

日も落ち、夜の部

夜も良いと思われる立ち位置(波止の先端)に入れてもらい、キャストを続ける。

潮の流れはタルく、メバルは浮いてない。

足元のテトラの際で、チビ金メバが釣れる状況。

「カズポン、先端のええとこに立ってるのに、よ~釣らんのじゃけぇ~」

なつかしの広島弁で、そんな話題には絶対させませんよ

リグをスプリットに換え、沖のボトムを狙ってみた。

秋にサップさんと蒲刈に行ったとき、

トリプルスコアでケチョンケチョンにされてから

ボトムを意識して釣りしてました。

メンドクサッって、着水からのカウントなど、とったことなかったんですが、

毎回カウントを取るようにしてました。

日ごろの成果が出たようで、20cmアップがポンポン。

そして、今回最大の25cmを沖のボトムから引きづり出せた。

よっしゃ!(≧▽≦)

100101A.jpg

パターンは、カウントが32~36秒。

そのカウントでシェイクを入れると、ぬ~んとアタリが出る。

喰いが渋く、根がかりみたいな感じ。

波止の中ほどにいたサップさんは、

良いサイズを上げていたが、波止の先端ほど釣れなかったようだ。

夜から深夜にかけてはポツポツと20cmアップが上がる状況。

やはり波止の先端でよく釣れた。

朝マズメの部

空が明るくなり始めたころ、波止の先端付近でアタリがまったくなくなった。

シビレを切らしたワタシは、メバルのいる所を探してくると、波止入り口付近に移動

こっちのほうがいい潮が走っている。

反転流の中には15cmぐらいのメバルが群れていた。

ジグヘッド単体でドリフトさせると、簡単にチビメバルが釣れる。

波止の中ほどにいた、サップさんが、20cmアップのブルーを連発。

尺アジも掛けるわ、大変なことになっていた。

残念ながら、尺アジはワタシがサップさんに

「落とすなよっ!」と言った瞬間、

「ドボッ!」

新年早々、ナイスボケをかましてくれました。

そういう私も、尺近くあるアジを落とし、大笑い。

気を取り直して、朝マズ目のチャンスタイム。

またサップさんがとなりで連発!

「サップはマヌーサをとなえた」

「カズは幻につつまれた」

「カズのキャスト、ミス!メバルにダメージをあたえられない!」

ワタシが、朝マズメのチャンスタイムにキープできたのは、メバル2匹(ノ_-。)

サップさんは10匹以上!

また、やられました。

100101B.jpg

次回はマホトーンを覚えてきます。

19時間の長時間お疲れ様でした。

今回の釣りで、ボトムの釣りのイメージができてきた。

自分で上手くなったことが実感でき、ホクホクでした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。