--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内へ強行

2011年01月29日 10:13

引越準備のため、休みがもらえた金曜日。

島へ渡ってきました。

船から一番実績のある波止の角をみると先客が。

とりあえず、桟橋から開始。

ここは小さいのならエンドレスに釣れるハズ。

たまに18cmアップも出る。

この桟橋は、護岸の駆け上がりに潮があたる。

海草もあり、チビがたまってるんだと思う。

1g単体で巻きのパターン。レンジは中層くらい。

15cmクラスを連発しながら、18cmアップ2匹。

P1292833.jpg

この桟橋でサイズにこだわらず、かけることを楽しむ。

あたりが少なくなったところで移動。

波止の角に行って、状況を伺う。

こんばんは~。あれ?レオン師匠?。

あれカズ君。

こんなところで会うとは。

下げだしてから、しばらくの間、21cmクラスが連発してたらしい。

隣で釣らせてもらうことに。

1gのジグ単体で、フォール&ドリフト。

あたりは取れるんだけど、かからない。

0.6gのジグに換えて、フォール。

やっと18cmアップが1つ。

潮どまりになり、潮が返す時間まで、また桟橋でチビと戯れ。

上げ3分ほどで角に戻ると、レオン師匠が26cmを上げたところ。

聞くと、尺ヘッドD3gのジグでボトムワインド。

尺ヘッドD3gはもってない。2gのジグで真似してみる。

だめ、1.2gのフォール&ドリフトに戻す。

21cmまでなら何とか。

P1292837.jpg

隣ではまたレオン師匠が25cmアップを上げる。

釣り方でサイズにここまで差がでるとは。

ボトムワインド、検証してみよう。

10年ほど前、カサゴさん、レオン師匠との出会いをきっかけに始めたメバリング。

瀬戸内ラストを予感してか、レオン師匠が駆けつけてくれたような感じ。

飽きっぽく、超不器用な私が、10年もメバリングを続けてこられたのは、

レオン師匠をはじめ、広島の皆さんのおかげです。

ありがとうございました。

メバリングを通して、目標を達成する過程を楽しむこと

を教えてもらったと思います。

2月からは、愛知県での釣りになる予定。

2月の連休に、岡山へタックルを取りに帰るついで、瀬戸内で釣りするか。

タックルを送ってもらうか検討中。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。